審査

他社借り入れがあっても即日で審査に通るキャッシングはある?

投稿日:

他社借入があっても審査が通る事はある!ただし件数が多いほど審査通過率は厳しくなる

「すでに他社の借入があるけど、お金は借りられるの?」と不安に感じている方は沢山いらっしゃいます。

結論から申し上げますと、他社借り入れがある場合でも審査に通る可能性はあります。

借入条件をクリアできれば、すでに消費者金融や銀行カードローンから複数の借入をしている方でも借入可能です。

ただし、他社借入の件数や金額は審査の重要なポイントになる為、借入件数や金額が多すぎると審査に落ちるリスクは高くなってしまいます。

そのためご自身の借入件数や金額によって、最適な借入先や借り入れ方法を選ぶ必要があるというわけです。

ここでは他社借り入れがある場合の審査基準についてご説明していきます。

おすすめの借入先も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

他社借入件数・金額はウソをついても絶対にバレる

すでに他社借入がある人は、審査に落ちるのが不安でついついウソの申告をしてしまうことがあります。

ですが、借入件数や借入額を虚偽報告しても必ずバレるのでやってはいけません。仮に、ウソをついてばれてしまった場合、申し込んだ会社に社内ブラックという形で記録が残ってしまいます。

延滞や滞納、債務整理などで信用情報機関に事故として残るブラックリストは5年〜7年で消されますが、この社内ブラックになってしまうと消えることはありませんので、同じ金融機関では今後審査に通らなくなると考えて良いでしょう。

ある意味ブラックリストに載るよりも厳しい状況になると言う事です。

キャッシング申込をすると、審査の段階で必ず信用情報機関を調べられます。

信用情報機関は日本にはJICC(株式会社日本信用情報機構)、CIC(株式会社シーアイシー)、全銀協(全国銀行協会)という3社の信用情報機関があり、クレジットカードや銀行カードローン、消費者金融とそれぞれ登録される機関が異なりますが、おたがいに顧客の借入状況を共有して審査のタイミングで確認デキるようにしてるんですね。

つまり、申込をすると審査の段階で、信用情報機関には住所や勤務先、電話番号といった個人情報や借入残高、返済状況等の利用履歴も残るため、あなたの申告した数値がウソかどうかはすぐにわかってしまいます。

ただし、他社借入に含まれない項目もあります。

例えば、住宅ローンや車のローン、クレジットカードのショッピング枠等は他社借入に記入しなくても構いません。

また、消費者金融でキャッシングする場合にかぎっては、銀行貸し付けの教育ローンやフリーローンは総量規制対象外の貸し付けになるため他社借入にふくめなくても大丈夫です。

あくまで消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠での他社借入を記入しましょう。

逆に銀行カードローンに申し込む場合は、消費者金融やクレジットカードはもちろん、銀行貸し付けの借入であっても記入する必要があるので、間違え無いように注意してくださいね。

新たに借入件数を増やす?おまとめローンや借り換えで金利を下げる手もある

ただでさえ審査の通りにくくなる原因である借入件数をさらに増やすよりも、おまとめローンを利用した方が楽になるケースも多いですね。

消費者金融で借りると、限度額が低く金利が高くなる場合が多いため、銀行のおまとめローンを利用すると金利分が安くなるのです。

たとえば、消費者金融で3社から30万円ずつ借りていた場合、利息の安いおまとめローンで90万円の借入にまとめると金利が低くなり、利息の負担額が大幅に削減できるんですね。

消費者金融1社からお金を借りている方であっても、大手銀行カードローンへ借り換えすれば金利が4.0%近く下がったというケースも少なくありません。

借り換えで金利が下がれば、支払額も抑えられるので一ヶ月の負担が小さくなりますよ。

ただし、おまとめローンは審査が厳しく、審査落ちのリスクもあることは頭に入れておきましょう。

1〜2件の他社借入なら審査通過のチャンスあり!消費者金融がオススメ

1~2件の他社借入なら消費者金融がおすすめです。

総量規制※に達していなければ審査通過の可能性も十分あり、借入までのスピードも非常に早く、急な入用にも対応してもらえます。
(※総量規制とは年収の1/3までしかお金を借りられない借り入れ制限のことです。年収300万円の方がすでに50万円借りている場合、融資の上限は50万円となります)

消費者金融の審査では総量規制だけでなく、過去に延滞をしたかどうか等がチェックされています。

キャッシングは個人の信用でお金を貸してくれるサービスなので延滞履歴がある方は審査に落ちやすいというわけですね。

消費者金融ならTVCMでお馴染みのプロミスとアコムがおすすめです。

どちらも審査通過率が高く、審査時間は最短30分ですし、最短即日融資となっており、突然お金が必要になった際も問題ありません。

また銀行カードローンでの借り入れは借入件数に入れなくて良いのも嬉しいポイント。

借入件数が少ない方はぜひ活用してみてくださいね。

3〜4件の他社借入ならおまとめローン

借入件数が3~4件ある方はおまとめローンがおすすめです。

おまとめローンなら他社借り入れの一本化が可能となっており、多くの場合は低金利でお金を借りられます。

借入を一本化できるため、返済の手間が減ることや管理がしやすくなるというメリットもあります。

ただしおまとめローンは審査時間がかかり、審査も厳しく行われます。

おまとめローンに限らずキャッシングの審査では「貸したお金を返してもらえるかどうか」が審査基準です。

過去の返済履歴や年収と借入額のバランスを調査しながら、融資に見合うかどうかを判断しているというわけですね。

おまとめローンは融資額も高額になるため、審査が慎重に行われます。そのため審査時間が長く、審査通過率も低くなってしまいがちです。

中小の消費者金融もおまとめローンは利用価値あり

もし借入総額が年収の1/3に到達していないのであれば、中小の街金も視野にいれましょう。

中小の街金なら大手に比べて審査通過率が高く、総量規制の範囲内なら融資してもらえる可能性があります。

おまとめローンと比べれば審査時間も短く、新しい融資を受けられる可能性があるので、審査が不安な方は中小の街金を活用してみましょう。

他社借入の件数が5件を超えて支払いが苦しければ債務整理も検討

おまとめローンやダイレクトワンなどの中小消費者金融を利用しても審査に通らなくなった場合は現状からさらに悪化していく可能性も考えられます。

そのような場合は法的な措置も考えましょう。債務整理を行えば支払いが軽減されるケースもありますし、お金に困る生活からも解放されます。

注意しなければならないのは、絶対にヤミ金に手を出さないことです。

今すぐお金を借りたいとはいえ、悪徳業者に手を出せば、過度な取り立てや法外の利息を請求されるなど人生を棒に振ってしまうかもしれません。

多重債務に困っている方や審査に落ちた方を闇金業者は狙っているので、返済できる見込みがない方は冷静に考えて、合法的な手段を考えましょう。

現在は無料相談を受け付けている法律事務所もありますし、気軽に相談に乗ってくれます。どうしても返済が困難になった場合は利用してみてください。

キャッシングの利用に慣れてしまうとついついお金を借りてしまいがちです。

気軽に利用できるからこそお金の入り口と出口を管理して、うまくやりくりをするようにしましょう。ご自身の状況に合わせて、お金の調達方法を考えるようにしてくださいね。

-審査

Copyright© キャッシング即日融資List@審査の早いカードローンはココ! , 2017 All Rights Reserved.